故郷・陸前高田の写真を撮り続けて4年…世界的フォトグラファー畠山直哉のドキュメンタリー映画が公開

「フォトジャーナリズムの視点とは非常に性急なもの。そればかりでは、たとえそれが人の笑顔を捉えたものであっても、複雑になってしまった我々の気持ちをうまく解すことはできない」と語る、写真家・畠山直哉。2001年にイタリアで開 …

Continue reading »

ドキュメンタリー映画の可能性を追求する活動家「里田剛」が語る、「リアリティと共感」の先にあるものとは?

「世の中には、人の数だけ物語が存在しています。ハリウッドで映像化されなくても、作品として放映されなくても、書籍には書かれてしなくても、世の中に流通していない良い物語が世界には相当数存在してますが、そのほとんどは人に語り継 …

Continue reading »