ドキュメンタリー映画の可能性を追求する活動家「里田剛」が語る、「リアリティと共感」の先にあるものとは?

「世の中には、人の数だけ物語が存在しています。ハリウッドで映像化されなくても、作品として放映されなくても、書籍には書かれてしなくても、世の中に流通していない良い物語が世界には相当数存在してますが、そのほとんどは人に語り継 …

Continue reading »

「当たり前ではないことを当たり前にしていく」がコンセプトの新投資モデルとは?

投資には、“不確実性”が必ず伴う。 そのリスクを背負う価値があるかどうかを見定めるため、事業計画書の濃さや資本生産能力の高さを過去の実例から推しはかり、できる限りその不確実性を引き下げてから投資を行う、というフローが通説 …

Continue reading »