食品破棄大国ニッポンを変えたい!「もったいないアクション」が日本の2万tの食材を救う

牡蠣は冬が旬だが1番おいしくなるのは春先になる。産卵の準備に入る3〜4月に身がたくさんの栄養を蓄えるようになり、ぷりっと太っているからだ。海の岩から「かきおとす」ことから「カキ」と言う名がついたと言われているが、いま日本 …

Continue reading »