コミュニティの潜在能力とは - 東中野もくもく会 #3 開催レポート

コミュニティの潜在能力とは - 東中野もくもく会 #3 開催レポート

2017年9月25日
Facebook Twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

イレブンナインのふじけんです。

9月21日(木)19時半より、イレブンナインの公式勉強会の第三回として「東中野もくもく会 #3」を開催しました。

今回は、前回前々回とは打って変わって、非エンジニアの方にも楽しんでもらうために、サブタイトルに「IT、Web技術がコミュニティ支援にどのような効果をもたらすか」を掲げて、コミュニティをいかに形成するか、コミュニティを維持運営するための方法などに注目した勉強会とさせていただきました。

毎度おなじみ、グループ・イベント管理サービス「Peatix」で参加を募ったところ、今回初めて当サービス経由で応募いただいたご新規の方をはじめ、6名の方にご参加いただきました。(http://ptix.co/2eQ1uyk)
これを受けて、今後より一層広く交流の場を拡げられるようにしていきたいと、身の引き締まる思いです。

それでは、以下、当日のレポートです。

第一部:受付業務から見えたこと

弊社のインターンである木原さんに、第一部のプレゼンを行っていただきました。木原さんは実際にコワーキングスペースの受付業務を行っており、その経験からコワーキングスペースを運営する上で直面する課題と対策についてLightning Talkをしてもらいました。

木原さんはもともとエンジニアになりたいという目標(=やりたいこと、実現したいことをwillといいます)があり、弊社と取り組むことでどのように実現していくかをつきつめていったところ、弊社のコミュニティ支援のためのiPhoneアプリ「willbe」を使って実証実験に取り組んでいくこととなりました。

弊社のアプリを通じて、コミュニティが直面する課題を解決するための知見を得たことをLTの締めくくりとして発表してもらいました。

木原さんのLTを受け、参加者から活発な意見交換がはじまり、第一部は大変盛り上がりました。

奇しくもコミュニティについて取り上げたこのもくもく会も、維持する参加者で構成された、いわゆるコミュニティと呼べると思うのですが、そのコミュニティをいかに長期に維持するかを裏テーマとして取り上げていたために、この第一部では手応えに似たものを感じました。

コミュニティを維持するには

世の中には大小様々なコミュニティが存在しますが、消えゆくコミュニティと維持継続していくコミュニティにはあきらかに差があるという気づきを得たのです。

運営者に求められるものは、コミュニティに所属する人の幸福を維持することだと確信しました。

しかし、このことは必ずしもコミュニティの課題やコミュニティに参加する個人のもつ個別の課題を解決するものではないこと。またその未解決な課題に手を下さないことがコミュニティの危機を迎えるということは明確でした。

それでもコミュニティ自体が回を重ねていくことで、到達する解決やその代替案があるのだということ。それらに希望を託して第二部へと引き継ぎました。

第二部:IT、Web技術がコミュニティ支援にどのような効果をもたらすか


第二部では、弊社のコミュニティ支援のためのiPhoneアプリ「willbe」の紹介と体験会、そして、このアプリによってコミュニティの持つ課題解決にいかに取り組むかについて議論をしていただきました。

各参加者によって様々な課題や解決を持ち寄っていただき、第一部にも増して闊達な意見交換がなされました。弊社のアプリを通じてコミュニティの抱える解決策のひとつを提案できたのは貴重な収穫でした。人によっては更なる課題の掘り出しになったり、解決の糸口みたいなものを持ち帰っていただけたのではないかなと思います。

また、弊社のアプリ「willbe」に足りてない機能やアプリ内の仕様についても貴重なご意見、フィードバックをいただけました。更なるアプリ品質の向上とともに、もくもく会の次回開催につなげたいと思います。

まとめ

過去2回の開催と今回の開催合わせて、「もくもく会」と題してきましたが、参加者の持つ課題に対して議論を戦わせる側面が強く、いわゆる「もくもく会」とは違った特徴が出てきました。これは大変喜ばしいことで、次回開催のタイトルを大幅に変更するモチベーションとなっています。これまで続けて参加いただけた方に向けてはもちろんのこと、新たなる論客を勧誘するための仕掛けも必要なのではと良い意味で課題ができました。第一回では勉強会の始め方を習得でき、第二回では盛り上げ方、リピーターの獲得、第三回では勉強会自体のあり方を学ばせていただきました。引き続きイレブンナインの勉強会企画をより活性化するため、尽力していきたいと思います。

次回予定

10月第三木曜日の開催で検討中です。決まり次第Peatixなどのサービスで告知したいと思います!

 

参考URL

Facebook Twitter このエントリーをはてなブックマークに追加