「日本のアイドル」に焦点を当てたドキュメンタリー『THE LAND OF IDOLS』が、クラウドファンディングで制作支援金を募集中

「日本のアイドル」に焦点を当てたドキュメンタリー『THE LAND OF IDOLS』が、クラウドファンディングで制作支援金を募集中

2015年8月13日
Facebook Twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本のアイドル」の世界を追ったドキュメンタリー映画を、フランス人監督をはじめとする日仏英の共同チームが制作中だ。現在、クラウドファンディングにて制作支援金を募っている。

フランスにおけるジャパニーズカルチャー

フランスでは、1970年代後半から日本アニメのテレビ放送が始まり、好評を博した。その後、90年代から飛躍的に人気が上昇。今では、多数の出版社が日本のマンガを取り扱い、映像ジャンルに「ジャパニメーション」のアニメが勢ぞろいしている。数々の関連エキスポやフェスが開催されていることでも知られているが、フランスにおいて日本アニメ・マンガ文化は既に定着したものなのだ。

対して、アイドル。日本ではアニメ・マンガに並ぶカルチャージャンルのように思えるが、海外での「ジャパニーズアイドル」の知名度には、まだまだ向上の余地がある。エキスポなどのアイドルライブは日本以上に盛り上がるし、アニメ・マンガから派生してファンになる人は増えているものの、市場として大きいとは言えない。ヨーロッパツアー、ワールドツアーを行うアイドルもいるが、それはほんの一握りだ。

フランス人監督ジャン=アルマン・ブグレル氏

ここで、「日本のアイドル」に焦点を当てたドキュメンタリー映画『THE LAND OF IDOLS』の監督、ジャン=アルマン・ブグレル氏の登場である。同氏は、2002年より日本に在住するフランス人脚本家・監督。フランスでは、音楽番組などの TV ディレクターとして活躍したキャリアを持つ。また、江戸川乱歩の小説『陰獣』を原作とする『Inju』(2008)の脚本を手がけた人物でもある。日本人でも映画化は難しいとされる乱歩作品のメガホンをとったバルベ・シュロデール(『運命の逆転』『完全犯罪クラブ』)監督も、同小説を読んだ当初は映画化を断念。しかし、その監督に映画化を決意させたものこそ、ブグレル氏の鮮烈な脚本だったと言う。(同作は2008年ヴェネチア国際映画祭のオフィシャル・コンペティションにて上映された)

すでに撮影がスタートしている『THE LAND OF IDOLS』。ブグレル氏は、日本と母国フランスを行き来する中で「アイドルの海外での認知度の低さ」を肌で感じたこと、日本でアイドルのライブへ初めて行った際に受けた衝撃からアイドルに強い興味を持ったことを、今回このドキュメンタリーを撮るに至った理由として挙げている。

「ジャパニーズアイドル」とは何か

日本では近年、サブカルチャーをメジャー化する流れ、そしてそれを細分化する動きに伴って、アイドルグループが乱立している。AKB48(2005年誕生)、ももいろクローバーZ(2008年結成)に牽引され、いわゆる「アイドル戦国時代」が到来したというわけだ。日本人でも、「アイドル」に対する知識は人それぞれ。日本独自のアイドルの世界観と、彼女たちが巻き起こす現象を、フランス人監督と日仏英の共同チームはどのように映すのだろうか。

同映画に収録されるのは、記録的大ブレイクを果たしたメガ・ガールズ・バンドから秋葉原の地下アイドルまで、多様な「日本のアイドル」の姿。コンサートやファン・ミーティングなど、イベントに行けば見ることのできる光景にとどまるのではなく、リハーサルやレコーディングを含む、アイドルの日常と舞台裏へのアプローチだ。普段は見られない、アイドルたちの笑顔の裏に秘められた信念が垣間見れそうだ。さらに、マネージャー、ファン、元アイドルなど、アイドルにかかわる人々へのインタビューも予定されており、奥行きのある作品が期待できる。

現在、支援金募集中!

THE LAND OF IDOLS』は、国内最大級のクラウドファンディング・プラットフォーム MotionGallery にて、8月21日までプロジェクト支援金を募っている。目標金額は200万円で、支援者には金額により、限定グッズのほか、アイドルとスカイプでプライベートトークできる権など、さまざまな特典が用意。なお、MotionGallery のプロジェクトページでは、プロモーションとして、出演アイドルの Drop、きゅい~ん’ズ、藤崎ルキノのビデオクリップを見ることができる。

同プロジェクトページにある監督のコメントでは、「『The Land of Idols』が日本のアイドルカルチャーが世界に広がるサポートになるよう、いつの日か『アイドル』の世界が『マンガ』や『アニメ』と同じくらい皆の心に(特に日本文化の大ファンというわけでない人たちにも)はっきりと訴えるようになってほしいと思い、このドキュメンタリーを撮ろうと決めました。この作品が役立ってくれたらと、心から願っています」と述べられている。

クラウドファンディング終了後に、ほかの出演アイドルが発表される。完成後は、来年早々から各映画祭にて上映予定だ。ぜひプロジェクトページをチェックしてみてほしい。


関連リンク

詳細は MotionGallery に投稿されているプロジェクトにて

Indiegogo

Facebook Twitter このエントリーをはてなブックマークに追加